チャイコフスキー三大バレエのひとつ「くるみ割り人形」

今日は待ちに待ったクリスマス・イヴ。少女クララのお家ではパーティーが開かれています。
プレゼントされたのは少しふしぎなお人形でした。

あらすじ

ドロッセルおじさんに「くるみ割り人形」をもらったクララとフリッツ。いたずら好きのフリッツはせっかくもらったお人形を壊してしまいます。真夜中。ふと、クララが目を覚ますと一緒に寝ていたはずのお人形の姿が見当たりません。不思議に思ったクララはベッドを抜け出して探しに行きます。
クララの不思議な出会いとお菓子の国の夢みるストーリー。

登場キャラクター

ドロッセルマイヤーおじさんからもらったお人形。なにやら特別なひみつが隠されている。

好奇心が旺盛で、人だけでなくオモチャの気持ちも考えてあげられる優しい女の子。

やんちゃでイタズラ好きだけどどこか憎めないクララの弟。

いつも珍しいオモチャをプレゼントしてくれる不思議なおじさん。

イラスト:水本紗恵子

どんなコンサート?

●クリスマスが舞台のファンタジー

ドイツの作家ホフマンの童話を原作としたバレエ音楽を
「花のワルツ」などの名曲と共に生演奏で、臨場感ある舞台を彩ります。子どもが聴きやすい全幕約30分の公演です。

●ペープサート(紙人形)

表現力豊かなペープサートをCGパネルシアターで再現し、音楽に合わせたストーリー展開を250インチの大型スクリーンでお楽しみいただけます。

●オリジナルのイラストとストーリー

童話をよりわかりやすく、身近に感じてもらうため、今回は水本紗恵子氏にオリジナルイラストを描き下ろしていただきました。また、ナレーター谷石奈緒子氏による台本もオリジナルです。

出演

 ドイツ・ヴュルツブルク音楽大学、同大学院を首席で修了。ドイツ国家演奏家資格を取得。ブラームス国際コンクール入賞。ヴュルツブルク音楽大学講師を経て現在、北翔大学、札幌大谷大学、札幌国際大学非常勤講師。ウィステリアピアノサロンにてピアノ教室を主宰。またミュージックディレクターとしてウィステリアホールに於けるクラシックコンサートの企画構成を担当している。www.satokoshimbori.com

 東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。日本声楽家協会研究所研究科在籍中のソロ試験、アリア試験ともに一位で修了。同研究所研究員プリーマ在籍。ソーナ・ガザリアンの東京マスタークラス修了。日本声楽アカデミー准会員。これまでに声楽を田中純子、伊原直子、島崎智子の各氏に師事。

 美術家・イラストレーター・デザイナー。東京藝術大学美術学部先端芸術表現学科卒業、同大学院修了。現在、同大学演奏藝術センター教育研究助手として舞台芸術の企画制作に関わる傍ら、フリーランスとして、イラストレーション・舞台演出映像や小道具の制作・グラフィックデザイン・子供向けワークショップ等を手がけている。東京藝大アートフェス2021にて、個人・グループの2作品で優秀賞受賞。

来場者記念プレゼント

原作E・T・A・ホフマン 訳:谷石奈緒子 イラスト:水本紗恵子

※応募口数に対して1冊といたします
image

★ 開催日

A日程: 12月18日(土)13:30開場 / 14:00開演【60名】

B日程: 12月19日(日)13:30開場 / 14:00開演【60名】

★ 応募方法

・ウェブ

応募ページへお進みください

・ハガキ

郵便はがきに①~⑥までご記入の上、下記までお申し込みください。

①観覧希望者全員の氏名(フルネーム)

②観覧希望者全員の年齢

③郵便番号・住所

④電話番号

⑤メールアドレス

【宛先:〒060-0061 札幌市中央区南1条西14丁目291-81 ウィステリ南1条ビル ウィステリアホール「なの花コンサート」係】

★ 応募期間

2021年10月18日(月)~11月19日(金)迄

郵便はがきは当日消印有効。ウェブでのお申し込みは23:59迄。

アセット 4@2x
page top